ボディタイプ診断:疲労タイプの女性がボディメイクする方法

朝起きても疲れがとれなかったり、少しの運動で息が上がってしまうのは疲労タイプです。まずは脳の疲れをとることがポイント。

疲労が与える影響

疲労は2つに分けられます。1つは筋肉痛などの体の疲労、もう一つは脳の疲労です。体自体の疲れは、時間がたてば回復しますが、厄介なのは脳の疲れ。これは意識しないとなかなか改善しません。

脳が疲れると、注意力や集中力がなくなるのはもちろん、体の持久力も低下します。運動の継続できる時間も半分になるともいわれるほどです。体を動かす前に、「なんとなくだるい」「ボーっとする」という場合にはまずは脳の疲れをとることが何より大切です。

疲労タイプ性がボディラインをつくるには?

まずは睡眠と生活リズム

脳の疲れにはやっぱり睡眠。たくさん眠るというよりは、質の良い睡眠をとりましょう。よく言われていることですが、寝る前のテレビやスマホ、パソコンを控えるところから始めてください。30分でも良いので、目を休めて何も情報を入れない時間を持つことが脳を休める第1歩です。

仕事の合間に、少しぼーっとしたり15分でも睡眠をとるような時間も脳の疲れをとることにつながるといわれています。

ゆったりとしたストレッチや瞑想

疲労タイプの方には継続的な運動や、負荷の強い運動は逆効果。やるならまずはゆっくりとしたストレッチで心身をリラックスさせるのが効果的です。それも、60分とか長い時間をとって毎日やる、というよりは、疲れたなと思ったときに合間に行うのがおすすめ。

数分間の筋トレも効果あり

長時間の運動や負荷量の強い運動は、余計に疲れを増やしてしまい、体の調節をする自律神経を乱れさせたり、巡りを滞らせる原因になります。

ただ、1分~数分の筋トレは脳をリフレッシュするために効果的という研究があります。寝る前やすき間時間に、何も考えずに腹筋やスクワットなどを数分間行うと、疲れの改善につながるそうです。体型を改善したい!と思ったら、まずは疲れをとること。やるなら数分の運動をちょこちょこやるのが効率的です。

疲労タイプの女性が普段気をつけたいポイント

ストレスをためない工夫

疲労は言い換えれば「ストレス」とも言えます。疲労がたまっていてなかなか抜けない、運動もやる気がおきない、集中力も続かない、というときには、まずはそのストレスを取り除くところから。好きな音楽をきく、気を使わない家族や友人との時間をもつ、などリラックスできる時間をもったりストレスを発散しましょう。

猫背は絶対NG

猫背になると、頭が前に出て、脳への血流が滞りにつながります。

頭は意外と重くて約5キロ。この頭が少しでも前に出てしまうと、それを支えている首の後ろ側の負担は相当なものです。首が前に出るほどこの負担は大きくなります。

加えて、猫背になるとお腹がポッコリしてきます。疲労タイプの方は猫背になると体がつぶれてしまいがち。体が丸まって前につぶれてしまうと、腹筋がゆるみやすくなりポッコリお腹が下腹に脂肪がつく原因の一つになります。

まとめ

疲労タイプの方は時間をとって激しい運動をしたり、筋トレをガンガンやるより先に、まず疲労を取ることが優先です。効率よく理想の体を保つためには、まず体調を整えましょう。

You may also like