Body Arrange

今話題の解消方法|欧米では肩こりがないというのは本当なの?

話題の解消方法|欧米では肩こりがない?

外国の肩こり解消法

      2017/05/11

 

欧米では肩こりがない、という説、ご存知でしょうか?

「欧米の人はポジティブだもんね」と思ったあなたは、ストレス性の肩こりに悩まされているのかもしれません。
そんな欧米の肩こり解消方法を、理学療法士目線でちょっと探ってみました。
 

欧米では肩こりがない?

外国女性の肩こり
 

解消うんぬんの前に、そもそも「欧米人は肩がこらない」とよく言われてます。

でもそれは実は間違い!
英語でぴったり当てはまる単語がないので、表現の方法がないだけ。

私たちが何げなく使っている、
 

「肩こっちゃったー」「肩が重―い!」
 

という言葉、その範囲はとても広いです。
 

英語でいうneck(首)やback(背中)のこりも、「肩こり」の一言でまとめてしまっています。

サロンでも、詳しくカウンセリングを行うことで、やっと本当はどこがつらいのかが見えてくるんです。
解消方法を見つけるには原因を特定するのが一番大切ですからね。

欧米でもビジネスシーンや家庭でのパソコンやスマートフォン、モバイルタブレットがどんどん普及しているので、「肩こり」が急増しているのは事実。

では、欧米ではどのような「肩こり」の解消方法があるのでしょうか?
 

欧米人の肩こり解消方法

日本との違い
 

欧米でも日本でも疲れたり肩こりになるのは同じなのに、日本の「国民病」と言われます。

欧米との違いは一体どこなのでしょう?
特別な解消方法ってあるのでしょうか。
 

ライフスタイルの違い

欧米と日本との違い。
それはまず、仕事のかたわらにフィットネスクラブに通う人数!です。

日本でもジムに通う女性もウーマンも増えてきてはいますが、その数は桁違い。
新しいマンションには必ずフィットネスルームやプールがつけられてるし、家庭内にフィットネスマシーンを置いている方も多いんだとか。

うらやましいですよねー。

つらくなってから方法を探るのではなくて、日々運動!という考え方。
映画や海外ドラマでも、ジムに通っていたり、朝ジョギングをしているシーンがたくさんありますもんね。

ここがまず、日本と欧米の違い。

カラダのこり解消に効果的な全身運動を日ごろがらやっているんですね。
 

ジョギング女性の後姿
 

個人的には、欧米のまねをして日本もライフスタイルを見直してほしいな、と思います。
健康に関してはいろんな方法があるのに、肩こりはもちろん、健康を後回しにする方、日本にホントに多いです。

「KAROUSI」(過労死)という言葉が世界共通語になっているのをご存知でしょうか?

欧米でも仕事に励む方もたくさんいますが、その代わり、体調管理も仕事の一環として、プライベートの時間にジョギングをしたり、フィットネスに汗を流す習慣があるようです(特にセレブと呼ばれる層や、ビジネスマン)。
 

クイックマッサージ

クイックマッサージ
 

他には、一日の疲れ解消のために短時間で行うクイックマッサージに頻繁に通う、という方法も多いそう。
最近、日本でも10分○円といったクイックマッサージよく見かけますね。

日本人はまだまだ、週末にまとめて気持ちよくなるマッサージが好き!という方が多いのかな、という印象ですが。

気持ちがいい、も大事ですが「その日の疲れはその日のうちに」という、メンテナンス習慣はぜひ見習いたいもの。
そういった習慣が、日本人のように長引く「肩こり」に悩まされない方法の一つと言えます。
 

今欧米で話題の健康方法

日本と同じく、欧米でも流行りの健康法というのは山のようにあります。

次から次に、新しいものがどんどん出てきて、通販番組なんて、「運動不足の解消に!」とか「今までなかったダイエット方法!!」というようなフィットネス系の器具紹介はもともと欧米か入ってきたもののがほとんど。

たまに見ると「その効果ってホント!?」と思うものもあったりますが、、、
肩こりがつらかったり体型が気になっていると欲しくなっちゃうんですよね、

解消できるかできないかはは、買った後にどうやって続けていくか、なんですけどね。
 

欧米での健康を維持する方法

ヨガする外国人女性
 

日本でも一般的になっているヨガやピラテイス、ストレッチ法、バランスボールをつかったものやストレッチボールなどは、いわゆる「一時的」ではなくて、今でも続けている人が多い方法。

続けていれば、確実に効果が出てくるし、ちゃんとやれば根本的な解消を目指せるものなのでおすすめです。

ヨガやピラティスは実際私もやっていた時期がありますが、カラダのこり解消にはとっても効果的な方法のひとつ!
お客さまの中にも、カラダを整えた後にヨガを始めて、肩こりどころが全身の調子が良くなった、という方もいらっしゃいます。

他には、欧米では家の中で使われる運動マシンはたくさんあるようですが、そういった商品は高額だし、日本の狭い部屋には置き場所がないのがやっぱり難点ですね。
 

スクワットチャレンジ

手軽にできる方法としておすすめなのが、前に欧米で流行っていた「スクワットチャレンジ」です。

やり方は簡単。基本的には普通のスクワットをするだけ!
これが、肩こり解消に効くんです!
 

スクワットする女性
 

でも、「チャレンジ」というからには、まさにチャレンジ精神が必要なもの。

初日に50回のスクワット→翌日日は5回→翌々日はさらに5回・・・・と少しずつ回数を増やして、1ヵ月後に200回になる、という方法。

(運動不足なら、初回10回、翌日から3回ずつ増やして1ヵ月後に100回でももちろんOK!)

スクワットなので、効果がでてくるのは下半身の筋肉。
ですが、「肩こり」の解消にはカラダ全体を考える必要があります。

背筋や腰周りの筋肉も整うので、無理なく体を支えられるようになり、肩こり解消にとてもおすすめ!
テレビ見ながらでもできるので、ぜひチャレンジを。
 

最後に

欧米の肩こり解消方法、いかがでしょうか。

解消するというよりは、凝ったり疲れたりするカラダを作らない、という習慣が私たちが見習わなきゃいけないところかなーと思います。
仕事に、趣味に、家事に加えて女磨きに。

カラダのメンテナンスに十分な時間が取れない日本人の女性だからこそ、普段の生活にちょっと目を向けてみるのもいいのではないでしょうか。

忙しいあなたに!「骨美ライン」を手に入れて、ガチガチ肩こりを解消する歩き方レッスンはこちらから。
 

 - 解消法