Body Arrange

バックの持ち方も肩こりの原因|正しい姿勢とバックの持ち方・選び方

肩こりの原因?バックの選び方・持ち方

女性のバックと中身

      2017/05/25

ウォーキングレッスンをしていると、

「バックを持っていても、キレイに歩くにはどうしたら良いの?」

という質問をよく受けます。

確かに、モデルさんでもなければ、ランウェイのようなまっ平らな道を何も持たずに歩く場面はそんなにないですよね。

バックを持っていても、歩き方は基本的には同じです。

今日は、肩こりの予防に大切なバックの選び方と持ち方から、それぞれのバックを持った時の歩き方のコツをお伝えします。

いろいろなバックの種類

書類一式に各種ファイル、重いノートパソコンにメイク道具一式。
働く女性のバッグは、気づけばビジネスマン男性よりも重かったりします。

会社から家に帰って「あー、重たかった!」とバックを投げ出している女性も多いのではないでしょうか。

重いバッグは、肩こりの原因としては以外と根強いものなんです。

私もいつもパソコンだったり資料だったりを持ち歩いてとても荷物が多いので、バックの選び方や持ち方には気をつけています。最近は楽なのでほとんどキャリケースになっていますが、、、

いつも同じバックを使っていて肩こりでつらいという方は、バック変えてみると、3日もたてば肩こりがいつもよりやわらいでいるのがわかります。

あなたにあった種類のバックを選んで、つらい肩こりの予防と解消を!

まずは種類から見ていきましょう。

リュックタイプ

リュックタイプ

まずはリュック。

痛みの強い肩こりなら、リュックタイプが一番良い選択です。

肩こりの原因の一つは、カラダの歪みや左右差。

左右対称で重さが分散できるリュックは、肩こりの予防としては一番良いといえます。

両手をふさがれないので、歩いている時にも変に力が入ったり、巻き肩になったりしにくいのです。

ただ、とはいっても女性がビジネスシーンでリュックを背負うのは見た目にもちょっと抵抗がありますよね。

最近ではリュックにもなり、ショルダーにもなり、手提げにもなる3WAYバッグなら、可愛らしいものやスタイリッシュなものも増えてきました。

3wayタイプ

3wayバック参考:http://www.libero-w.co.jp/brand.htm

以前は見かけなかった3wayタイプも、今はデザインも豊富になっています。

筋肉の痛みの原因は血流れの低下。
一方の肩を圧迫しているのがカラダによくありません。

スーツ姿には難しいですが、会社にお勤めでも毎日スーツの女性は少ないはずなので、選択肢の一つとしておすすめです。
長時間移動する方なら、家から最寄り駅まではリュック、会社近くになったら肩掛けにするなどの工夫も良いかもしれません。

30代、40代にリュック女子が増えてきているそうです。
肩こりがあるのなら、一度抵抗を捨ててこれまで使ったことのないリュックタイプを試してみて下さい。

リュックサック

通勤スタイルは、ブランドバックも素敵ですが、重さのあるものが多いので肩こりの原因の一つになります。

肩こりがつらい方、特に片側だけ肩がこっているという方なら、試してみると楽さに手放せなくなるでしょう。
肩こりの原因はバックかな、と感じるならば、ぜひ、選択肢のひとつに。

リュックタイプの注意点と姿勢

肩こりの原因解消にオススメのリュックですが、使い方も大切です。

一番注意したいのはベルトの長さ。

重心が低くなる分、肩に負担がかかるのと、肩の前の部分を後ろに引っ張られる方向に重みがかかるので、カラダのバランスが悪くなります。

リュックの女性イラスト

できるだけ背中に沿うように短めにベルトをセットしましょう。

あまりぴったりになりすぎるのはやっぱり抵抗が・・・という場合には、底(そこ)がしっかりしていて型崩れのないものを選ぶとベルトが長めでも肩への負担が減ります。

購入前には、デザインよりもフィッテイングを入念に。

もう一つ、リュックを使うと背中に重さがある分姿勢が前かがみになり、頭と首が前に出やすくなります。

背筋をピンと伸ばして姿勢をただし、目線は前に、颯爽と歩きましょう。

トートタイプ

リュックは抵抗がある、という方は、軽い生地のトートタイプがおすすめです。

トートバックの女性

革製のショルダーバックは、ブランドものやデザインが凝っているものも多くて魅力的ですが、肩こりの方にはおすすめできません。

バック自体に重みがあるのは、肩こりを誘発する大きな原因です。

洋服に合わせてという気持ちはわかりますが、肩こりを悪化させてまで持つ必要はないですよね。

ネットショップでも、トートタイプの女性用ビジネスバッグは豊富に品揃えされているので、レビューをしっかり確認しながら選んでみてくださいね。一番良いのは、実際に試してみることです。

トートバックの注意点と姿勢

トートタイプ場合、カラダの左右差を防ぐため右と左の交互に肩にかけることがポイントです。

トートバック

よく言われていることなので気をつけている、と思っていても、人間は無意識に持ちやすい肩が決まっているものです。

片方の肩にかけ続けていると一方の肩にだけ負担がかかり、カラダの歪みから肩こりの原因になります。

また、どうしても一方に負担がかかるので、姿勢もそちらに傾いてしまいます。

また、肩にかける時にはできるだけ首に近い側にかけた方が、傾きも負担も少なくなります。

ショルダータイプ

斜め掛けができるショルダータイプは、トートバックと比較して両手がフリーになる分、肩の自由度が増えるのでおすすめです。

トートタイプは、歩くときにどうしてもバックを変えている側の手の振りや肩の動きが制限されてしまいます。
肩まわりの動きの制限は、筋肉が硬くなる原因です。

こちらも、今は2WAYタイプがたくさんでていて、普段はショルダーでたまには手持ちで、という使い方が良いかもしれません。

ショルダータイプの注意点と姿勢

ショルダータイプで気を付けたいのは肩にかける部分の素材と幅です。

当たり前ですが、素材は柔らかい方がよく、幅が太い程、肩の一部分にかかる負担が減ります。

一般的に女性の使うものには硬く細い素材も多いのですが、肩こりの強い方はバックを購入する時、この柔らかさと幅は、一つの目安にしてください。

ショルダータイプは、まずは中身を整理して軽量化することからです。
バックが足やお尻にぶつかってしまうので、あまり大きく重いと、歩き方が左右非対称になり、これも肩こりの原因になります。

ある研究では、ショルダーバッグを体の横に持つ場合は体重の10%以上,体の前および後ろで持つ場合は体重の15%以上で身体に影響を及ぼす、とされており、横よりも前後で持つ方が良いという結果もでています。

これは全体にもいえることですが、重いバックを持っても、かわいらしい小さなバックをもっても、肩こりにならないためには、「左右対称」と「姿勢」を崩さないことが何より大切です。

番外編:買い物袋

買い物する女性のイラスト

会社帰りにスーパーで買い物をする方も多いですよね。
食材や飲み物などがいっぱい入った袋は意外と重い。

スーパーの袋にしてもエコバックにしても、手で握るタイプの鞄も肩こりの原因となり、痛みにつながります。

これは、持ち方を工夫するだけで負担を減らすことができます。

ポイントは、「中指」と「薬指」中心で持つこと。

肩からまっすぐ腕を下した位置になるので一番負担が少なくすむんです。
人差し指側で持ってしまうと、猫背の方向に負担がかかりやすくなります。

買い物袋

ちょっとしたことですが、気を付けてみると、少し背筋が伸びるのがわかりますよ。

バックの種類まとめ

バックの種類だけでいうと、肩こり予防には、リュック>ショルダー>トートバックの順でおすすめです。

ですがその他の皮やデザイン性のバックも含め、肩こり予防のために一番大切なのは使い方。

バックは、肩こりを引き起こす一つの要因ではありますが、どんなバックを使っても、あなたのカラダがすでに「肩こり体質」だったら、そこからまずは治さないといけません。

まずは、外を歩く時にはショウウィンドウなどを除いて、自分の姿勢も見つけていてくださいね。

バックを持っているときの歩き方は?

ウォーキングレッスン中や何も持っていない時はしっかり歩けるけれど、バックを持ったり肩にかけたりすると、姿勢が崩れてしまう、という質問を度々受けます。

確かに、バックを持つとその重さ分、前後もしくは左右のバランスは崩れますよね。

でも、基本的にはバックを持っていてもいなくても、歩き方は同じです。

肩こりは、体幹、つまりカラダの中心部分の筋肉の弱さが原因のことも多いのですが、バックを持つとバランスが崩れる、という方はたいていこの体幹筋肉が弱いのです

まずは何も持たずに颯爽とした歩き方を身につけてカラダを作れれば、あんまりにも思いバックでなければバランスを崩さずにキレイに歩くことができるでしょう。

ウォーキングレッスン(グループ)
正しい歩き方、学んだことありますか?BodyArrangeでは、「正しい歩き方を学んで、効率的に不調・体型を改善する方法」をお伝えしています。マッサージに通ってみたり、姿勢やカラダにも気を配っているけれど、なぜかなかなかカラダが思うように変わってくれない。そ...

 - 姿勢・歩き方, 解消法